第16回 賞味会  2010年7月20日(火) 開催
『 林家 花さんの紙切り 』

ご来店いただいた皆様、ありがとうございました!


紙切りは300年の歴史のある日本の伝統芸能。
落語と同じ高座と呼ぶそうです。
写真の作品は舞妓さんです。

桂歌丸師匠です。
雰囲気が良く出ています。そっくりです!



お客様の干支はなんですか?
大入りの巳年が出来上がりました。

記録的な猛暑のなか、第16回賞味会が開催されました!
今回の催し物は『林家 花さんの紙きり』です。
紙きりは300年の歴史ある日本の伝統芸能です。
なかでも女性の紙きり師はたいへん珍しいそうです。

花さんの軽妙なトークと鮮やかな鋏さばきで繰り出される
作品にすっかり魅了されました。お客様との会話を楽しみながら
いろんな作品が出来上がりました。

今回のお料理は、暑い夏でも前菜からデザートまで
さっぱりと食べていただけるよう工夫したメニュー構成
にしてみました。いかがでしたでしょうか。

暑い中、賞味会にお越し頂き、まことにありがとうございました。
当店の賞味会も皆様のおかげで16回目を迎えることになりました。
お忙しい中、ご来店いただいた皆様には心よりお礼申し上げます。

■ Menu ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★海の幸とカルナローリ米のサラダ ヴェネツィア風
★お米のパスタを入れた”みつせ鶏”のコンソメスープ
★尾長鯛のポワレとオーベルジーヌのピュレ タプナードソース
★熊本県産赤牛のステーキ 
      和歌山県の海でとれた天塩とライムでシンプルに・・・・・
★ドルチェ(アメリカンレッドチェリーのタルト)
★パン / ★コーヒー
■ Wine List ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【スパークリングワイン】
☆プロセッコ ヴァルドッビアデーネ エクストラ ドライDOC
  ブドウ品種:プロセッコ100%
【白ワイン】
☆ファランギーナ カンパーニャ IGT
  ブドウ品種:ファランギーナ100%
【赤ワイン】
★イル・グリージョ(キャンティ・クラシコ リゼルバ)DOCG 2005
  ブドウ品種:サンジョヴェーゼ100%
※今回も5リットル瓶をご用意いたしました!
林家 花 プロフィール
平成7年 紙切りの林家今丸に入門 落語会、ホテル関係の宴会・パーティなどで活動している。落語芸術協会所属。前座修行を終え、平成20年9月より寄席に出演。似顔シルエットを得意とし 動物、十二支、さまざまな縁起もの、その他日本の伝統的な風物を創作する。
海の幸と
カルナローリ米のサラダ
ヴェネツィア風。
お米のパスタを入れた”みつせ鶏”
のコンソメスープ。
米粉と小麦粉で作った『フシッリ』と
言うショートパスタです。
みつせ鶏は佐賀県のおいしい鶏です。
尾長鯛のポワレと
オーベルジーヌ のピュレ 
タプナードソース
"オーベルジーヌ"は茄子の意味。
熊本県産赤牛のステーキ
和歌山県の海でとれた天塩と
ライム でシンプルに・・・・・
アメリカンレッドチェリーのタルトです。


オーナーシェフの折田です。
林家 花さんの紙きりはいかがでしたでしたでしょうか。

昨年、花さんの高座を拝見させていただいた時のご縁で
この度の賞味会にご出演していただきました。
いかがでしたでしょうか。

今回も皆様のおかげでたいへん楽しい賞味会となりました。
ありがとうございます!

次回は、9月21日(火)『 瀧川鯉橋落語の夕べ 』です。
皆様にお会いできますことをスタッフ一同楽しみにお待ち申し上げております。
次回の賞味会もお楽しみに!

賞味会ギャラリー
お客様の席を回って
似顔絵の作成中です。
どんな風に仕上がるのかな?
横顔の雰囲気がお客様に
そっくりです!
ぜひ家宝にしたいそうです!
すっかり恒例となった
5リットルボトルの抜栓です。
750ml瓶の約7本分です。
お客様の横顔をちょっと拝見。
はさみを器用に動かして、
切っていきます。
ネクタイもつけてちょっと一割増し(? !)
いえいえ、お客様にそっくり!
ハンサムに仕上がりました!
サインボトルも16本となりました。
1階に並べていますので
ぜひご覧ください。


【 2010年度賞味会 大好評予約受付中です! 】
銀座イタリー亭 〒104-0061 東京都中央区銀座1-6-8 TEL:03-3564-2371 E-mail:ita1953@ginza-italytei.co.jp


<< 第15回賞味会を見る | 賞味会特設ページを見る | 第17回賞味会を見る >>

<このページを閉じる>

×Close