第19回 賞味会  2011年1月18日(火) 開催
300年の歴史ある日本の伝統芸能『 林家花さんの紙切り 』

ご来店いただいた皆様、ありがとうございました!

新春をイメージしたデザインの
春らしいお着物で登場です。

花さんとの掛け合いも楽しみのひとつ。
最近はスカイツリーのリクエストも多いそうです。



うさぎや紅梅、鶴亀、宝舟など
縁起物を次々と披露して下さいました!

新春はじめの賞味会は『林家花さんの紙切り』です。

紙切りは300年も続く日本の伝統芸能。
もともと下足番の人たちが寄席としてはじめたそうです。
※下足番=寄席や料亭などで履物を預かり番をする人のこと。

喜楽亭おもちゃという人が初めて寄席で披露したそうです。
紙切りの作品はほとんどお客様にお渡しするので、
歴史はあるものの作品がほとんど残されていないようです。

林家花さんの紙切りの世界を楽しんで頂けたでしょうか。

当店の賞味会も皆様のおかげで19回目を迎えることになりました。
お忙しい中、ご来店いただいた皆様には心よりお礼申し上げます。


■ Menu ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★足赤エビとホワイトアスパラガスのサラダ
★"和歌山ダイマル農園"の新鮮野菜のスパゲッティ
★日高漁港から届いたお魚料理
★紀州うめどりのロースト 焼きみかんを添えて
★シフォンケーキ柑橘風味 ハニーシトラス添え
★パン / ★コーヒー
■ Wine List ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【スパークリングワイン】
☆ロゼ ブルット グラスパロッサ
  ブドウ品種:グラスパロッサ85% ピノネーロ15%

【白ワイン】
☆ラクリマ・クリスティ ヴェスーヴィオ DOC
  ブドウ品種:コーダ ディ ヴォルベ 100%

【赤ワイン】
★イル・グリージョ(キャンティ・クラシコ リゼルバ)DOCG 2005
  ブドウ品種:サンジョヴェーゼ100%
※5リットル瓶で飲めるのは銀座イタリー亭だけです!
■林家 花 プロフィール■
平成7年紙切りの林家今丸に入門。落語会、ホテル関係の宴会・パーティなどで活動している。落語芸術協会所属。前座修行を終え、平成20年9月より寄席に出演。

似顔シルエットを得意とし、動物、十二支、さまざまな縁起もの、その他の日本の伝統的な風物を創作しています。
足赤エビと
ホワイトアスパラガスのサラダ

"和歌山ダイマル農園"の
新鮮野菜のスパゲッティ
愛情たっぷりに育てた野菜を使用しました

日高漁港から届いたお魚料理
お魚はヒラメを使用。香草を使った
クリームソースを添えています。
紀州うめどりのロースト 焼きみかんを添えて
梅酢をまぜた餌を食べて
育った鶏を使用しています。
シフォンケーキ柑橘風味
ハニーシトラス添え
5L瓶の抜栓風景。なかなか苦労します。
抜栓後、18度に調整してお出ししています。

新年最初の賞味会はいかがでしたでしょうか。
今回は和歌山県産の食材を用いたメニューをお召し上がり頂きました。

1月20日から和歌山フェアを開催しておりますので、和歌山の食材をお楽しみ頂ければ幸いに存じます。

本年も楽しい賞味会を企画して、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
次回は3月15日(火)銀座イタリー亭寄席「瀧川鯉橋落語の夕べ」です!
お楽しみに!


賞味会ギャラリー
寄席で紙切りをしている方は4名。
女性は花さんおひとりだそうです。
紙切りに使うはさみは特注品。
師匠の方から頂いたものを
大切に使っているそうです。
写真は宝船。お客様の要望に
応えられるよう流行り物は
常に練習されているそう。
こんなにお客様と近い距離で
紙切りをされたのは初めてだそうです。
和歌山県産の食材はどれも素朴で
おいしいです!和歌山フェアも
スタートします!ぜひ来て下さい。
恒例のサイン会です。


※林家花さんをお迎えした前回の賞味会もご覧ください。

2010年7月20日(火) 林家 花さんの紙切り


【 賞味会 大好評予約受付中です! 】
銀座イタリー亭 〒104-0061 東京都中央区銀座1-6-8 TEL:03-3564-2371 E-mail:ita1953@ginza-italytei.co.jp


<< 第18回賞味会を見る | 賞味会特設ページを見る | 第21回賞味会を見る >>

<このページを閉じる>

×Close